薬局一覧最新情報

全国の薬局一覧情報を紹介

このサイトでは全国の薬局一覧情報を紹介しています。

薬局を探す場合や求人を探す際に役立ててください。

薬剤師の情報なども紹介していきます。

薬剤師の給料について

薬剤師の給料は、国家資格を必要とすることもあって意外と初任給から厳しいものとなります。

基本的には勤続年数が長くなるほどに額は増えていきますが、全国平均で見てみると30代後半が最も高い給料を得ているようです。

またベースとなる額は勤務する会社によってことなるようになります。

例えば大企業に勤務する薬剤師はやはり収入が多くなりますし、地方で開業している調剤薬局で勤務すると、都心と比べると低めにはなります。

勤続年数はすなわち医薬品に関しての知識に結びつくと考えられるので、転職市場においてはそれほど有利と見られている。

二度とその職場によって始める業務内容が異なるために収入面でも差が出てきます。

例えば調剤薬局も、開業するとなればそれなりの収入を確保することができますが、勤務するとなると昇給の割合は意外と低めにはなります。

あるいは近年人気のあるドラッグストアの場合にはまた、結構状況は変わります。

調剤スペースが設けられていない場合には市販薬やサプリメントに関する明るい知識を必要とされるようになり、また接客を行うことになります。

処方箋を生みだすのとは異なり、お客の症状を聞いた上でどの薬が適するのかを判断することを求められることになります。

またずっと発売される新薬に関しても始終情報を買い付けることが必要となってきます。

そして大方、店舗運営に関しての業務が伸びることになります。

商品の仕入れから在庫管理、売り上げ管理など大いに多くの作業が求められることになるために、やり甲斐を求める人にとっては理想ともいえる場所となります。

無論その分、給料も調剤薬局よりはいとも高くなるケースも見られます。

ひいては店長ともなればCEOとして求められる責務も増えますが、収入面においては十分に満足できるものとなる場合が多くなります。

さらに薬剤師からの転職として人気が高いのがMRだ。いわゆる薬を病院などに売りこむわけですが、そのセールス的業務内容から給料の面はやけに高い額も期待できるようになります。

当然成果によって収入は変わりますし、薬剤師として勤務していたようなリライアビリティは望めなくなります。

そして転職したての頃はかなり収入も収まることになるので、数年はそれに踏ん張れる状況であることが必要となります。

このように薬剤師においては、どんな会社に勤務するのかによって給料の額は大きく異なるものとなります。

あとはビジョンによって自分に適すると思える職場を選ぶことが必要となります。

大手の薬舗チェーンでは求人ニーズが旺盛

日本では中小のドラッグストアを大手チェーンが買収をするという流れが強まっていらっしゃる。

中小のドラッグストアはオーナーが高齢化してきていたり、多くの薬を揃えておくには経費が掛かりすぎるなどの問題を抱えているために、大手へ売却するところが増えています。

その結果として大手のチェーン店では全体の店舗数が多くなり、新たに薬剤師の求人をする責務が出ています。

しかし、現在の薬剤師の求人市場は、各種の病院の他にドラッグストアといったチェーンでのニーズが高まり、採用競争が激化していらっしゃる状況があります。

そういった環境で大手のドラッグストアチェーンでは大学の薬学部に採用担当者が赴いて説明を行ったりするなど、薬剤師の採用活動を強化して対応をしています。

また、大手チェーンでは就職した後の福利厚生の充実をアピールしたり、給料面でも好条件を提示するところも少なくありません。

そういう努力の結果、大手チェーンでは店舗の増加に見合った人員を確保することがかりにできていらっしゃる。

しかし、大手チェーンでは、少々人材が不足しているのが実状となっています。

近年で大手のドラッグストアチェーンでは、病院の近くの門前薬局以外の業態を繰り返す流れがあるからです。

チェーン店によってはコンビニや家電量販店の併設店を数多く出店したり、駅ナカや駅前に店舗を構えるところも出ています。

そういう門前薬局以外の業態では、ビジネスマンや主婦などの新たな需要に応えようとしていらっしゃる。

今後も大手のチェーンでは、新業態の店舗を増やしていく予定となっています。

門前薬局以外の新業態の店舗には新たに薬剤師が必要となるため、大手のチェーンでは薬剤師の求人ニーズは依然大きいものがあります。

また、このごろは大手チェーンがモールの中に、医療モールを建設する流れが出ています。

医療モールには複数の診察科が入居することになり、買い物帰りの客などの多くの患者をまとめることが可能となっています。

その医療モール内に大手チェーンでは自社のドラッグストアを始めるため、新たな収益源を確保することに繋げようとしていらっしゃる。

よって、医療モールにおいても薬剤師の求人ニーズは高いです。

二度と大手のチェーンでは、将来を見据えて在宅医療を繰り返す計画が立てられていらっしゃる。

在宅医療では医師やナース、薬剤師がチームを組んで対応をすることになってしまう。在宅医療のための薬剤師は各自の自宅をめぐって、薬の処方をすることになります。

今後、高齢化社会が進むと在宅医療が広がることになり、専門性の厳しい薬剤師の求人ニーズはとことん高まって行くことが予想されます。

薬剤師の転職について

薬剤師は女性の割合が多いということもあり、転職が多いです。

新天地としては、調剤薬局だ。調剤薬局では、医療機関の処方箋を調合したります。

調剤薬局はいたるところにありますので、いつでもどこでも動くことができ、育児が終わっても直ちに復帰こなせる状態です。

またドラッグストアも多いです。多くのドラッグストアでは調剤はおこなっていませんが、一般用医薬品の販売などをおこなっているため、ルールや知識を活かせる場でもあります。

ドラッグストアは深夜局面のあるところもあり、中でもパート勤務だと暮らしの局面によって勤務することができるため、臨機応変に勤務できるところもメリットです。

このように多くは調剤薬局やドラッグストアといったところですが、病院勤務あります。

ただし病院勤務になると激務に関してと、調剤薬局やドラッグストアからすると給料が少ないという観点から勤務する人はさほど小さいだ。

薬剤師の資格があれば、メーカーや大学、研究所といったところに転職することもありますが、非常に少ないです。学位の資格が必要な場合がありますので、転職者は少ないです。

10年近く前から薬学部が6年生になったことを受けて、学位を以て要る薬剤師が大学に転職することが一時的に多くありました。

大学としては、教員を募集していたため、そういった事態が生じたのです。

今までの研究の知識や技術を大学で活かしてみたいといった理由からです。

大学は研究と教育の両面の場ですので、研究をしながら学生さんに講義講じるといった形式に初体験者は戸惑いを隠せません。

それくらい仕事場を取替えるは覚悟も必要になってくるのです。

逆に、大学で研究をしていた人が薬局や病院に仕事を差し換えるといった事例も少なくありません。

薬剤師という道は各種道があります。病院、調剤薬局、行政、ドラッグストア、研究所、大学、メーカー、問屋などだ。

各種道を経験するのもいいかもしれません。

捉え方は十人十色ですので、どこが有難いとか悪いとかはだいぶ言えません。

自分の考えで自分らしい生き方をするのがベストなのであって、人に意見は徹頭徹尾参考程度にとどめて下さい。

転機はつでもやってきてチャンスはいつでもつかめることができます。

それらは、自らの考えと生き方を精進している人だけにやってくる貴重なものです。

ページの先頭へ